会長あいさつ

わが母校・城西大学は、1965年(昭和40年)に「学問による人間形成」を建学の精神として、初代理事長・学長となられた水田三喜男先生が創立されました。そして2015年には、創立50周年を迎えました。

この間、「学問による人間形成」の建学の精神を受け継ぎ、1983年(昭和58年)に水田清子理事長先生が女子短期大学部(現短期大学)を、さらに1992年(平成4年)には水田宗子現理事長とともに城西国際大学を創設されました。学校法人城西大学は発展の一途をたどっています。城西大学同窓会も発展を続ける大学の「分身」として、一丸となって教育、課外活動事業などに協力してきました。

現在の我が国は、急速なグローバル化のなかで社会構造の大変革が起こっています。城西大学も、リーディング・ユニバーシティを目指すための中期計画「7つのJ-Vision」を掲げ、次の50年に向かう行動を進めています。この新たな時代にこそ揺るぎない「学問による人間形成」の必要性がますます輝くものと思います。

同窓会は、今後も本学の建学の精神を礎に、同窓生8万名の力を結集して母校の発展、名声高揚のお手伝いをしたいと思っています。また、同窓会自らも改革も進めていく所存です。規約の見直し、今後支部総会などをどう効率的に組織改革・運営していくかも課題です。新たな時代には新たな課題が生まれる、それを解決していく中で次の展開もまた見えてくる、そこに発展の答えがあることを信じて疑いません。

今後とも、会員の皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

2016年11月
城西大学同窓会 会長 鈴木文雄


ページの先頭へ